読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

障害者を減らす日本社会の本心

 

 

 

 

 

 


働いていた前職の建物に入り、そこで暮らす重度障害者19名を殺害した事件。今、波紋を帯びて日本社会に問うている。「障害者」は記号にすぎない、と思われるが、事件を捜査する神奈川県の当局および大手マスメディアは「家族の意向」を称し、人命を記号のまま放置したのであった。


犯人が告発したツールがTwitterだ。この現代性に加え、歪んだ障害者抹殺の手紙を、立法府の長宛に送ろうとする封建制も併せて有していた。たしかに、日本社会では、「新型出生診断制度」等の科学技術を通して障害者の総数を減らしていく体裁をとっており、職場での施設収容を目の当たりにした犯人において、その動機付けはさしあたり十分だったろう。

 


だからこそ、である。大惨事を起こした福祉を検証すべき役割が、日本社会に課せられた。ところが、「狂った犯人を野放しにした精神医療のニュース」だった。これは おかしい。論点が違う。差別的な障害者施策が天下の下に現わになるのが、日本社会に望ましくなかったのかもしれない。