読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【民進党新代表】蓮舫氏は『中道主義』を棄て、安倍晋三内閣と対峙せよ

 

 

 

 

 

 


民進党代表選が15日行われ、新代表に参院議員・蓮舫氏が選出された。

 

蓮舫氏は 都内のホテル会場に集まった国会議員、公認内定者らに対し、次のような所信を述べた。


 「これから先、私たちが向かうべきは巨大与党です。大きな大きな与党と対峙(たいじ)をする。人気の高い今の政権と向き合う。そして堂々と、批判ではなく提案、私たちの提案力、創造、国のあり方をもって、しっかりと戦って選択していただける政党に、ぜひ、一緒にしていただきたいと、改めてお願いを申し上げます」

 


「批判だけじゃない」提案型の政党を目指すとの訴えは評価してもよいのではないか。海江田万里氏が代表に就いてからというものの、お得意の「儒教精神」が『中道主義』という、ある種のアンチテーゼにつながってしまった経緯があり、 この基本を蓮舫氏がぶっ壊すのであれば賛意を示す。ただし、推薦人名簿に載った元環境相細野豪志氏が『中道主義』の元祖だから、右と左を足して二で割る提案型政党なら害でしかない。そのことを付け加えておく。