読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【衝撃スクープ!】「日テレ」葉山エレーヌ が ぶっちゃけた

女子アナ

 

 

 

 

 


「今週、ラジオしか出てませんので。日本テレビからは もう期待されてません。女子アナでもなんでもないですし、自由に やらせていただきますよ」

 


日本テレビ・アナウンサー・葉山エレーヌが同局のインターネット事業部に配置換えとなった。すわ朝の情報番組『スッキリ!!』(平日8:00)でメインを務め上げた『元 看板女子アナ』。よほど人材不足に ならなければ 液晶から伺う日も ZEROだろうし、数々の事件やワイドショーを全国に伝えてきた そのアナウンスを聴く機会も おいおい去るわけだ。


冒頭の発言は子育て休暇を経た2014年冬、西新宿の某所であったが、情緒は不安定に陥っており、嗚呼「女子アナ」の面影は すでにけんもほろろ だった。

 

 

 

 

「将来のキャリアアップ」の一環として女性が羨望する職業でもある『女子アナ』。身分は大企業に雇われた ごく普通の会社員であり、だから、アナウンス部の定年も、よりどり営業部や制作部と同一のはずだが、しかし、現実には『女子アナ30歳定年説』が業界に根強いという。

 

『定年』は そうは問屋、いや、テレビ局が卸さないのだ。元フジテレビ・男性アナウンサーの山中秀樹は50代、会社上層部から「管理職行き」の人事を提案されたことを 機にフリーへ転出したが、辞表を叩きつける動機は「現場で しゃべっていたい。いちアナウンサーでいたい」だったらしい。比較的、「みてくれ」が重視されない男性アナウンサーも 進路の厳しい業界となっている。

 


26〜30歳の女子アナは①Jリーガー等のイケてる男性と結婚する②フリーとなる③局内の他部署へ異動④現役でアナウンサーを続ける、のいずれかを選ぶ。

 

「嫌いな女子アナいますよ」

 


そう暴露した葉山エレーヌは③型だが、張本人は、 日本テレビが 文書で示した この人事に もっぱら「不本意」という評判だ。どうしてかというと、インターネット事業部はアルバイトのスタッフを採って晴れて正社員となるケースもあるとおり、意外や意外に広い門だ。それは、駅伝の出場全校数に及ぶかもしれない『ミス◯◯』のタスキを提げ、その美貌と知性、コミニュケーション能力を ブラッシングした数百の才女の中から選ばれた選りすぐりの選良にとっては くだらん部署なのである。

 

日本テレビとしては、三十路を過ぎ、情緒が不安定に陥った ぶっちゃけアナは用済み。

 

 

 

 

 

後輩アナを参考に グラビアデビューすほかない?