読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【独占スクープ】現役ジャニーズの隠されたS級発言










日本のアイドルは「政治的」発言を控えなければいけない。


まことしやかに囁かれる業界の「掟」であるが、近年はジャニーズの嵐・櫻井翔が報道番組のサブ・キャスターに起用され社会問題についてコメントするなど、ゆるやかだが その「政治的」な声を聴く日も増えている。


たしかにアイドルが「A党の公約、マジでハンパなくヤバいっす!」と叫ぶ姿は考えずらい。同党の支持者だと明らかにすれば「B党のファン」は反発するだろうし、逆もまたしかりである。「B党の党首、イケてんじゃねぇ?」と推せば どうか。「A党のファン」は やがて、コンサートを訪れなくなる。アイドルが「政治的」発言を控える最大の表事情は商業主義だ。



日本ならではの裏事情もある。出演するテレビは放送法で「政治的公平性の担保」が要請されており、音楽やバラエティ・ショーで「A党」「B党」のワードは禁句となっている。もっとも、NHKですら政治討論番組を流す。「政治的」を控えるという「掟」は あくまで自主的な番組編成権である。




そして、商業主義や放送法より はるかに「グループの意義」に響くのが、そのアイドル像となる。

「しょうもねぇな、こいつらはよぉ」


「政治的」はサラリーマンの居酒屋談義の花であるが、そうした「日常」を超越する花が またアイドルなのである。




現役時代は花を まとったアイドルも、やがて還暦を迎えるにつれ「政治的」を帯びる。コンサートや街頭演説で反原発を訴求するようになったアイドル、それが沢田研二である。この男の「政治的」は政治家顔負けとされる。3.11以降は市民団体に対し、彼らのために署名活動のスペースを無償で与えているのだ。





しかし、現役時代ともなれば事務所やテレビ局、メンバーといったステークホルダーもおり、よもや反原発であっても そうした「政治的」主張を控えるのが「掟」だ。では、「掟」の頂点・ジャニーズのメンバーが それを破り、アメリガ空軍の行為を批判していたとしたら。
本ブログは 匿名を条件に ジャニーズ現役メンバーの「戦争反対」をお伝えする。



声の宿主はCD売上がジャニーズ・5位にランクインする某グループである。
無人偵察機(ドローン)を用いるアメリガ空軍兵士が 目標人物を破壊。だが、その態度は ヘラヘラ&ふしだら だったというスキャンダル映像を見てしまった アイドル。怒りを露わに。



「こいつさぁ、自分の手で やれよ!」