読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【ドキュメント再掲】清原和博がお台場で和田アキ子を引退寸前に追いやっていた!!





フジテレビでも 極限られた人間しか伝達されていない『花束クラッカー事件』。 清原の薬物は その頃、肉体を蝕みはじめ、大先輩をも引退寸前に追いやっていた。インターネットでは いまだ この事件の顛末は報じられず、タブロイド紙、週刊誌も書けない『マル秘』の処理案件となった。つきつめればそれはフジテレビの視聴率不振「はじまり」であり、週刊文春による清原和博 薬物報道の「はじまり」であり、和田アキ子のCDリリース凋落の「はじまり」であった。そうなのだ。だから「つける薬がない」ー




プロ野球選手の 清原和博が2月2日、覚醒剤取締法違反の疑いで現行犯逮捕された。
清原氏が住む港区 東麻布のマンションからは、0.1mの覚醒剤ほか、吸引器等も 見つかっている。 
昨年1月、TBS系『中居正広の金曜日のスマたちへ』に出演を果たし、「薬物報道バッシング」を涙ながらに語った『番長』。あの『番長』は、看板に偽り が あった。



自他共に認める「ダチ」の ひとりが、芸能界の『女番長』こと、和田アキ子だ。和田の語る人物評は 次のとおりである。
「キヨ(=清原和博)ああみえてね、気の小さい、心の優しい男。
そう みえないかも しれませんけどね、ホンマに周りに気を遣う男なんですよ」


監督・堀内恒夫 氏(現 参院議員)とソリが合わず、読売ジャイアンツ球団を 辞めた現役時代。事実上の古巣追放だったとみられる。
「心が 優しい」その素顔は社会に順応できず立ち回れないままのガキ大将の産ぶ声ともいえる。




3年前、和田アキ子 芸能生活40周年バースデーを祝うべく、テレビ局より『ドッキリ』の仕掛人を任せられたのがガキ大将、清原その人。現場となったのはお台場・大規模商業施設ビーナスフォート噴水広場である。時刻は夜を迎え、撮影で戸越銀座商店街を練り歩いた和田も少々、疲れ気味だった。

清原は 番組スタッフから こう説明をうけていた。花束贈呈の式典時に和田が近付いたら「糸を抜く」ように。「抜く」と花束の隙間から巨大クラッカーが噴きだす「40周年記念の祝盃」だったのだ。


果たして、番組の演出どおり、礼服に身を包んだ正装の清原が特別ゲストとして急遽、登場する。
驚きを隠せない和田だったが、「おめでとうございます」と声をかけた清原の花束めがけ接近した。満面の笑みである。
ところが、大先輩が目前だった清原は「抜く」動作をしなかった。
「このままではドッキリが成立しない」ーーーー
そして、清原が次にとった動作こそ、身体の密着した和田アキ子が花束を覗いた状況で巨大クラッカーを「抜く」であった。
もちろん、番組の演出によれば花束を差し向けるのは フェイント。何度もいうが、番組の趣旨は 『ドッキリ』にすぎない。安全性が確立された数m離れた距離からの発射だった。だが、リハーサル不足と彼自身の 「薬物」の影響からか、清原容疑者は 致命的な間違いを犯してしまう。 

花束に目をやった大先輩・和田に対し、清原は勢いあまって 巨大クラッカーを発射。その破片は、和田の顔、スレスレだったのだ。


爆発音とともに煙が充満する噴水広場。和田は 『ドッキリ』というか 慄いた「顔」だったが すぐさまテレビ・カメラを意識し 、清原に「おいっ」といった問いかけをおこなう。



再び、和田の証言である。

「清は 責任感の強い奴で、スタッフの言われたとおりに やった。
でも、清は こういうのね、慣れてないんです。この 話があった時から、すごく緊張していたらしいんですけど」

「当たっていたら 私、この場には いません。この世界、辞めることに なっていたと思います」


和田は清原の逮捕後、TBSの生放送に出演。そして告白した。清原和博との「絶縁」を。



「キヨは2〜3年前、ピアスを入れ始めたんですよ。わたし、『おまえ、何しとんねん!』って注意しました。そこから会わないようにしてるんですけでね。
キヨは そうみえないかもしれないですけどね、ホンマ、気の弱い奴なんですよ。ピアス、入れたのも その 裏返し。気、弱いから 強くみせようとするのだと思います。
『強くみせる必要なんか ない』って 思うじゃないですか?ねえ、あの『清原』ですよ」(12年秋 本稿 独占再現)


自他共に認める「ダチ」とされながら引退寸前へ追いやった清原は いかにして第二の番長=「人の役に立つ人間」と成り得るか。
あやうく 業務上過失致傷の容疑者と なる惨事寸前だった 清原。『番長』の名が廃っていた。