読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【再掲】「それでもお前は神主か!」の声が出ぬ狩野英孝不倫騒動










「らーめん、つけめん、ぼく、イケメン」、本心(マジ)だったようで➖

タレント・狩野英孝の『六股浮気騒動』は 巷の一発屋芸人を「平成の火野正平」へ祭り上げた。加藤沙里や川本真琴といったサブ・キャストが紅を彩り、騒動は静まるところを知らない。


狩野には 別の顔がある。東北・宮城県で一家が代々 受け継いできた櫻田山神社・神主という世襲業だ。およそ2年間 にわたって神主の資格をもらうための「修行」を重ねたらしいが、ソーシャル・ネットワーキング・サービスを餌に 20代女性をひっきりなしに「釣る」“イケメン”は宗教者たりえるか。疑問符が付く。


欧米の宗教者が『六股浮気』の疑惑を かけられたら どうだったろう。現地テレビ局のコメンテーターも「このたびの騒動に癒されたね」とは到底、放てまい。
どのテレビ、ラジオ、スポーツ紙、雑誌、ネット・メディアも報じないので改めて本ブログが指摘しよう。狩野英孝はタレントであり、そして いわずもがな神主だ。資格を与えた神社本庁は すぐさま 「品行方正に疑い」を根拠に それを剥奪し、全宗教者の規律を守るべきである。
「したり顔」で神社参拝時におけるマナーをバラエティ番組で実演する「神社本庁の広告塔」の心と下半身が「はい、ぼくゲスメン」であるのは確かだろう。