読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【独占スクープ】梅宮辰夫が外国人ハーフを「合いの子」呼ばわり!











俳優・梅宮辰夫は御歳77歳。黒光りの顔面、がっしりボディ が「ちょいワル」の色気を漂わせる名男優。
逆らえないのは愛娘だけではないようだー

2月28日、先輩俳優の『お別れ会』に出席した梅宮だったが「囲み取材に応じない」旨のアナウンスが現場取材陣に。風邪をこじらせたためと所属事務所は一通り説明を行ったものの、セレモニーを後にする梅宮は痛々しい歩行器姿。現場を居合わせたマスコミ各社の一部は その映像をカットせざるをえなかった。週刊文春の報道により歩行器を「常備」していることも明らかになった。





近年、芸能マスコミがスッパ抜く相手といえば愛娘・梅宮アンナ。久方ぶりの『ライトとシャッター音』の先が歩行器であったわけだから、日活時代がわびしい、なんとも言えぬ往年だ。



本ブログの「転ばぬ先の杖」となる?スクープは「禁止用語」を発言した去年の梅宮。



「ウチの お袋は 昔の人間でね、家内(クラウディアさん)との婚約を認めてくれなかったんです。『外国人と結婚するなら 縁を切る』と迫られましたよ。子供のことも あったのだと思う。『合いの子』が絶対嫌だったのでしょう、そういった時代は時代でしたからね。今は『ハーフだ』だとか おおいに もてはやされてますけど」



1月には社会学者・古市憲寿氏が「ハーフは劣化が早い」発言で批判をくらっている。

 【古市氏は今年元日に放送されたフジテレビ系「ワイドナショー」に出演した際、共演したタレントのウエンツ瑛士に対し「ハーフって、なんで劣化するのが早いんでしょうね」などと発言。この発言にネット上で批判の声が噴出し、古市氏は自身のツイッターでウエンツと一緒に食事を楽しむ写真を公開することで仲の良さをアピールして火消しを図ったが、結果として火に油を注ぐ結果となっていた】(『日刊スポーツ』WEB 3月6日付)



「劣化」など取るに足らない差別語「合いの子」が梅宮辰夫の口からくりでた。
これが本ブログ独自のスクープである。


クラウディアさん と結婚、つまり母親とは「絶縁状態」になった梅宮だが、ある日の留守中、アポイントもせず訪ねてきたらしい。
梅宮の伝えるクラウディアさん の話によると、「土足で家にあがった。台所のキッチンや冷蔵庫を開け、なか を確認し、帰って行った」という。
また、梅宮が母親に抗議の意を込め聞いた話では「結婚は認める。心配だったけど、日本人の女 以上に『よくやってる』ことが わかったから」という。
挨拶をせず、靴を履きっぱなしの母親こそ  誰が どう考えても 外国人顔負けの「クレイジー」であるが、とりあえず脇に置こう。なにしろ懸案だった「外国人差別」の氷柱は みるみる溶けたのだ。




週刊朝日』2012年3月23日号は梅宮夫妻のなれそめ を特集した。


 【俳優の梅宮辰夫さん(74)はスパルタ教育で育てられ、母親に頭が上がらないらしい。最初の結婚が失敗したとき、母親から「次の嫁は私が探す」と言われていた。そんな矢先、いとこから「お前の理想通りの人がいる」と紹介されたのが、現在の妻であるクラウディアさんだったという】




梅宮の氷柱は 歩行器にすがる肉体とともに果てるのだろうか。