読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【再掲】小林悠アナ後輩!TBS吉田明世が漏らした「なにも食べてない」の朝ズバッ!症候群













「控えめ系女子アナ」の声➖

『FRIDAY』2月19日号が、TBSの吉田明世アナウンサーと一般男性(広告代理店勤務)の半同棲をスッパ抜いた。

吉田は 自身の情報番組レギュラーである『白熱ライブ ビビット!』(TBS系)で、これを認めた。


2014年『みのもんた 朝ズバッ』(TBS系/終了)の“セクハラ騒動”では悲劇のヒロイン。
総合司会・みのもんた が、 彼女の腰位を しきりに 触ろうとする シグサは「時代錯誤」そのものだったが、報道番組が提供した「格好の餌」は 思わね結末を迎える。みのもんた氏、次男逮捕である。



この時期、渦中の吉田も、手つなぎデートする心境では なかったようだ。
週刊誌報道に よると、スタッフを緊急招集した みの が「『どうして こんな ことに なったんだ!』と声を荒あげ、 吉田は涙を流していた」らしい。


関係者が 語った。
ここからが本ブログのスクープである。



「数日間、吉田アナは 食事が喉に通らなかったと聞きます。医療系のバラエティー番組に お出になったのですが、共演の大竹(真一郎)先生(おおたけ消化器内科クリニック 院長)に『今日は朝から なにも食べてないんです…』と打ち明けています」



吉田が『みのもんた朝ズバッ!』収録に備えTBS本社(赤坂)入りしたのが午前4時頃だった とされる。
食欲不振を 訴えた時刻は 午後8時 を回っていた。



前出 関係者いわく「吉田アナは やつれ、憔悴していた」という。
しかし、広告代理店勤務の男性が特効薬だったらしく、 すっかり肌ツヤも◎だ。まてよ、マンション前で『FRIDAY』記者の取材に応じた吉田は“すっぴん”であった。
どうも ここまで くると美容医療に詳しい大竹先生との仲も『夜ズバッ!』だったりして…