読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【特報スクープ】鈴木奈々が重症尿漏れ で離婚危機に












おバカキャラ」の女史は数多だが、 その枠を射抜くのは並大抵ではない。
テレビ・タレント業は さながらの生き馬だろう。


情報番組 『バイキング』(フジテレビ)『淳と隆の週刊リテラシー』は 序ノ口で、複数のレギュラーを抱える、人気「おバカ キャラ」こと鈴木奈々である。



朝日新聞のインタビューで次のように語っている。居住先の茨城県および、主たる仕事場である都心との関係について以下を ご参照されたい。



「女子会が盛り上がってくる夜10時半には店を出ないと終電に間に合わない。風や雪で遅れることもあります」(朝日新聞デジタル 2016年2月6日付)




本ブログは鈴木奈々のスキャンダルを掴んだ。ご紹介するのは「生き馬」のプロデュースとの親密仲と いきたいところだが、ヘルスである。



「『尿漏れ』がひどいん ですよ。かなりの量が出ちゃう。旦那さんに洗ってもらうのが偲びなくて。夜も毎晩、欠かさず『おむつ』を履きます」



鈴木は1988年生まれ、27歳。


『ウーマンヘルス』によると、20代女性の「尿漏れ率」は全年代で最も低い20パーセントにすぎない。その症状の多くが、妊娠、出産を経由して現れるケースという。


 【尿もれをタイプ別にみますと、腹圧性が50%以上、切迫性が約20%、混合型が約30%で、その他のタイプは少数です。女性の場合には、とくに腹圧性が60~70%を占めるといわれます。年齢別 では、20代で20%、30代で31%、40代で48%、50代で46%、60代で37%、70代以上では31%の人に、尿もれがみられます(信州大学による調査。貴島静正『続・新薬の話・』裳華房、その他より)】




鈴木は、「工場長」という一般男性と結婚しており、生活費は その稼ぎが賄うが、一戸建ての購入資金にすべくギャランティは 『1000万円以上』(関係者)貯まっているもようだ。
しかし、「夜の営みは2年以上ない」(鈴木)とされ、一部では離婚危機もささやかれている。そして、本ブログの取材で、重度の『膀胱炎』を患っている疑いの強いことが わかった。




2日、3日に1回程度の深刻な「尿漏れ」らしい。症状がで始めたのは ここ数年で、「おバカキャラ」が お茶の間に浸透した頃には 「おむつ生活」の一歩前だった。医療専門家によると数滴なら さほど心配は要らないものの、鈴木のように「大量」の「尿漏れ」を繰り返す症状は外科手術が検討されるそうだ。


鈴木は 再三 述べている。




「旦那が嫌がってて、申し訳ないです」




愛すべき「おバカキャラ」は 壮絶な病を抱えていた。