読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【衝撃スクープ】清原和博 容疑者が 和田アキ子を引退寸前に追いやっていた!












「つける薬がない」–

プロ野球選手の 清原和博容疑者が2日、覚醒剤取締法違反の疑いで現行犯逮捕された。
清原容疑者が住む港区 東麻布のマンションからは、0.1mの覚醒剤ほか、吸引器等も 見つかっている。
昨年1月、TBS系『中居正広の金曜日のスマたちへ』に出演を果たし、「薬物報道バッシング」を涙ながらに語った『番長』。あの『番長』は、看板に偽り が あった。



自他共に認める「友ダチ」の ひとりが、芸能界の『女番長』こと、歌手の和田アキ子だ。
人物評は 次のとおり。
「キヨ(=清原和博)ああみえてね、気の小さい、心の優しい男。
そう みえないかも しれませんけどね、ホンマに周りに気を遣う男なんですよ」


監督・堀内恒夫 氏(現 参院議員」とソリが合わず、読売ジャイアンツ球団を 辞めた現役時代。事実上の古巣追放だった。
「心が 優しい」は、大人社会にうまく立ち回れない、生涯のガキ大将ともいえる。




3年前、和田アキ子 芸能生活40周年バースデーを祝うべく、テレビ局より『ドッキリ』の仕掛人を任せられたのがガキ大将、清原容疑者その人であった。
花束を差し向けるのは フェイント。 
何度もいうが、番組の趣旨は 『ドッキリ』にすぎない。
だが、リハーサル不足と彼自身の 「薬物」の影響からか、清原容疑者は 致命的な間違いを犯してしまう。 
花束に目をやった大先輩・和田に対し、清原容疑者は勢いあまって 巨大クラッカーを発射。
その破片は、和田の顔、スレスレだった。




再び、和田の証言である。
「キヨは 責任感の強い奴で、スタッフの言われたとおりに やった。
でも、キヨは こういうのね、慣れてないんです。この 話があった時から、すごく緊張していたらしいんですけど」
という。


「当たっていたら 私、この場には いません。
芸能界、辞めることに なっていたと思います」




しかしながら、である。
芸能界の恩師を引退危機に追い込み、 業務上過失致傷の容疑者と なる寸前だった 清原容疑者。
またしても『番長』の名が廃った。